無利子融資で借金できるところ一覧

誰もがお金を借りる時に気になるのが金利の高さですよね。できることならば、借金は無利子で返済していきたいものです。借金の利息をゼロにすることができれば、借入元金を返済するだけで済みます。いくら支払いしても借金の元金がなかなか減らないという心配もありませんし、経済的な負担も大幅に軽くなります。

 

うれしいことに実際に無金利で融資してくれるところは意外と多いようです。次のような場所であれば利用条件を満たすことで一定期間、あるいは無期限にて無利息での融資が可能になっています。

 

無利子で借金したいならプロミスがおすすめ

プロミスはテレビCMでもおなじみの大手カードローンです。大手ならではのメリットがあり、急ぎ、かつ、無利子で借金したい方にとって有利な点があります。

 

30日間無利息サービス

メールアドレスとウェブ明細の登録で借入時から30日間無利息でお金を借りることができます。

 

最短1時間融資

借入申込から最短1時間でお金を手にすることも可能なスピード感がプロミスの人気の点です。

 

事前の3秒診断が便利

お金を借りれるかどうかの簡単な事前診断が3秒程度で可能です。まずは借りられるかどうかを試すだけでもおすすめします。

 

借入可能か3秒診断でわかります

 

◎→プロミス公式サイト事前3秒診断はこちら

 

無利子融資で借金できるところは、大きく分けると4つあるのです。

無利子融資で借金できるところは主に4つ

  1. 銀行や消費者金融などの無利息サービス
  2. 個人間の融資(親や親戚、友達などの親しい人)
  3. 無利子の奨学金
  4. 国の無利子融資制度や教育ローン(個人・自営業者)

いくつかの銀行や消費者金融などの金融機関には、無利子融資のカードローンキャッシングがあります。借金の話ならば、親や友達などに相談すれば利息ゼロ円でお金を借りることも可能でしょう。民間の金融機関や個人間の融資だけでなく、奨学金や国の無利子融資制度、教育ローンなどでも利息なしで借金できる場合があります。

 

実際に無利子融資での借金が可能なところを一覧にまとめてみました。

無利子融資も可能なところ一覧

無利子融資の種類 借入先やサービス名 無利息期間 利用条件や無利息の内容

銀行や消費者金融の商品

楽天銀行カードローン「スーパーローン」 30日間 スーパーローンと新規口座開設の同時申込みが必要

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

30日間

初回特典(全員)の無利息特約
静岡銀行カードローン「セレカ」 最大45日間 利息のキャッシュバック
愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」 30日間 WEB契約の場合のみ適用
東京スター銀行「スターワン住宅ローン」 無期限 預金残高の範囲内
プロミス「フリーキャッシング」 30日間 初回利用でWEB明細の利用登録・メールアドレスの登録が必要
アコム「カードローン」 30日間 初回利用で返済期日が35日ごとの場合

アイフル「キャッシングローン」

30日間 初回の利用のみ
ノーローン 1週間 初回利用の他、完済の翌月以降も1週間無利息
レイクALSA 30日間

180日間

初回の利用でどちらかのみ、180日間は5万円まで
フタバ(中堅消費者金融) 30日間 初回の利用のみ
アイシーローン(学生ローン・フリーローン) 30日間 初回の利用のみ

個人間での無利子融資

親・親戚・友人・知人

無期限も可

お互いの合意による

無利子の奨学金からの融資

日本学生支援機構 無期限 貸与型の第一種奨学金の場合(年収など一定の条件あり)

国の無利子融資や教育ローン

生活福祉資金貸付制度(生活支援費・住居入居費・一時生活再建費・福祉費) 無期限 一定の条件を満たし保証人がいる個人
生活福祉資金貸付制度

(緊急小口資金・教育支援資金)

無期限 一定の条件を満たしている個人(保証人不要)
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

(厚生労働省)

無期限 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない人や寡婦等
ふるさと融資(ふるさと財団) 無期限 法人格を有する民間事業者で民間金融機関の連帯保証が必要
青年等就農資金(日本政策金融公庫) 無期限 新たに農業経営を始める青年等であり、市町村から「青年等就農計画」の認定を受けた認定新規就農者
農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

(日本政策金融公庫)

5年間 貸付当初5年間の金利負担が実質無利子になる特例が適用された農業者など
農業改良資金(日本政策金融公庫)農業者向け認定中小企業者向け促進事業者向け 無期限 それぞれの事業計画で認定を受けた農業者・事業者・生産者

それぞれの融資では無利子となる期間や対象となる個人や事業者の条件が異なっていますが、一定の条件をクリアすることができれば基本的に無利息での借金が可能です。ただし、公的機関の融資については必ずしも無利子融資制度の適用が可能とはならない場合もあるため、それぞれの機関で確認する必要もあるでしょう。

 

銀行カードローンや消費者金融の無利息サービス

金融機関でカードローンやキャッシングを利用する場合には、一定の金利を支払うことになります。銀行では最大で14%ほどの金利が付くことが多いですし、大手の消費者金融であっても銀行より高めの18%前後が最高金利となっているのです。

 

金融機関から無利子で借金できれば、一定期間は利息が発生しません。利用限度額の範囲内であれば、金利ゼロで何度でも借り入れや返済を繰返すことができます。給料やボーナスの支給日が近いなど、借りてもすぐに返せる見込みがある場合にも無利息サービスは便利なシステムと言えるのです。ただし、無利子融資の利用は初回の借入れに限られます。

 

金融機関では一定期間の利息を取れないリスクはあるものの、とにかく一度利用してみて欲しいという思いから無利息サービスを実施しているのでしょう。利用者側にとっても無利息期間のあるサービスであれば、どのくらい便利なのか使い勝手の良さを知る意味で気軽に利用することができます。今後もお金を借りるかも知れないことを踏まえ、お試しで無利子のカードローンやキャッシング利用してみるのも良いかも知れません。

 

銀行や消費者金融で無利子融資を受ける場合の注意点

銀行や消費者金融などの金融機関から無利子融資を受ける場合に注意して頂きたいことがあります。無利息サービスのある金融機関に申込みする場合には、事前に確認しておきたいことでもあるのです。

金融機関から無利息サービスで借金する時の注意点

  • 銀行カードローンから無利子で即日融資を受けることは難しい
  • 無利息期間中の返済に遅れると利息が発生することになる
  • 消費者金融からの借金は年収の3分の1まで
  • 金利に関わらず、金融機関の審査に通るためには在籍確認のクリアが必須

 

銀行カードローンから無利子で即日融資を受けることは難しい

三大メガバンクにはありませんが、ネット銀行や一部の地方銀行には無利息サービスのあるところも存在しています。ただし大手に限らず全ての銀行カードローンは、2018年1月より即日融資を停止する流れになっているのです。お急ぎの時には注意が必要となります。

2018年1月から銀行カードローンの即日融資は停止に
国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。家族からの申し出で、新規貸し出しができないようにする「貸付自粛制度」の導入も検討する。これにより、拡大の続いたカードローン利用が縮小に向かう可能性もある。即日融資の取りやめは、借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するのが狙い。運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。(引用:産経ニュース「「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ(2017.9.15)」

一方、消費者金融では銀行よりも金利高めというデメリットはありますが、審査が最短30分で完了することで即日融資も可能なサービスも多く、CMでも有名なところを中心として一定期間無利子で借金できる場合もあるのです。消費者金融と同じく貸金業法(参考:金融庁「貸金業法のキホン」に沿って融資を行っている学生ローン会社でも、大手にならって金利ゼロ円サービスを行っているところもあります。

 

無利息期間中の返済に遅れると利息が発生することになる

無利息サービスの利用で注意したいのが、無利息期間中にも到来する可能性のある返済期日です。無利息期間中での返済は利息なしとなるため元金のみを支払うだけで済みますが、返済期日に遅れると無利息期間が終了して利息を支払う必要も出てきます。

 

初回借入れの際には最初の返済日の確認が大切であり、返済期日までには確実に返済資金を用意しておく必要があるのです。

 

消費者金融からの借金は年収の3分の1まで

消費者金融から借金する時に知っておく必要があるのが、総量規制という法律です。2010年6月18日に貸金業法に新たに追加された総量規制が完全施行となり、消費者金融からの借入れが年収の3分の1までに制限されました(参考:日本貸金業協会「総量規制とは」。例えば、年収が300万円の方であれば、消費者金融で借金できる金額は100万円が上限となるのです。

 

総量規制導入の流れは消費者金融だけでなく、銀行でも同様の動きが出ています。平成29年3月に全国銀行協会が、各銀行に向けて「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせについて」という通達により申し合わせを行いました。通達には消費者金融のように年収により融資金額を規制すべきという内容も組み込まれています。

 

申し合わせが行われた一年後には、国内の銀行の約9割が何らかの融資上限枠を設定したようです(参考:朝日新聞「カードローン、9割の銀行が融資上限 金融庁調査」2018年8月26日。消費者金融だけでなく銀行カードローンであっても年収により借入金額の上限が決まると思っていた方が良いですし、無利子で借金できる金額にも制限があることになります。

 

金利に関わらず審査に通るためには在籍確認のクリアが必須

借金の利息のあるなしに関係なく、基本的にはどのサービスを利用する場合でも、申込みの金融機関から勤務先へ在籍確認の電話が来ることになります。審査の一環として申告した勤務先情報に嘘や間違いがないか確認する必要があるためですが、借金が勤務先にばれるのではと心配になることもあるでしょう。

 

銀行の場合には銀行名を名乗る場合もあるようですが、事前に相談して個人名で電話をかけてくれるように依頼しておくことも可能なようです。消費者金融では個人名で電話をかけて来ることが通常となっています。個人あての電話がかかって来ただけでは「借金の在籍確認であることがばれる心配なし」と思って良いでしょう。

 

無利子で楽天銀行「スーパーローン」から借金する方法

ネット銀行の中でも特に人気の高い楽天銀行には、カードローン「スーパーローン」があります。利用限度額は最大800万円であり、満20歳以上62歳以下の働いている方であれば、パート・アルバイト・学生・主婦でも申込み可能です。無職でも配偶者に安定収入があれば、50万円まで利用できます。

 

楽天銀行スーパーローンには、30日間無利子でお金を借りることができる「楽天銀行スーパーローン無利息特約」があります。楽天銀行からの借金を利息なしにするには2つの条件があり、以下のどちらも満たしていることが必須となるのです。

楽天銀行スーパーローンで無利息特約を利用するための条件2つ

  • 楽天銀行口座開設と楽天銀行スーパーローンを同時に申込し、成約した方
  • 楽天銀行スーパーローンの返済口座を楽天銀行口座に指定した方

楽天スーパーローンで30日間の無利息融資を受けるためには、カードローンを申込む際に楽天銀行口座の新規開設の申込みも同時に行う必要があります。たとえ楽天銀行スーパーローンの利用が初めてであっても、既に楽天銀行口座を持っている場合には無利息特約の利用対象となれないため注意が必要です。更には、返済用口座に新規で開設する楽天銀行口座を指定することもポイントとなります。

 

楽天銀行スーパーローンからお金を借りる方法には、振り込みとカードを利用するATM出金の2つがあります。どちらを選択する場合でも楽天銀行口座への初回ログイン(初期設定)が必要であり、カードと一緒に郵送される口座開設についての書類が届いてからの利用となるのです。

 

振込みの場合には、借入れ・返済ともに楽天銀行以外の銀行でも利用できるようになっていますが、振込先が楽天銀行口座であれば24時間即時振込みが可能という大きなメリットがあります。他行の場合には、平日0時10分〜14時45分までの申込みで当日振込みが可能です。

 

30日間の無利息期間が終了した翌日からは、通常の金利である年1.9%〜14.5%(2018年8月28日〜2018年11月30日まで期間限定の金利半額キャンペーンにつき年0.95%〜7.25%)が適用されます。

 楽天銀行スーパーローンの申込みと利用で楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天銀行カードローンには、「スーパーローン」の申込みで楽天市場での買い物やそのほか多くの使い道で利用可能な楽天スーパーポイント1,000ポイント(参考:楽天スーパーポイントの概要が貰える入会特典が用意されています。さらには特典2として、利用残高に応じた楽天スーパーポイント(最大30,000ポイント)のプレゼントもあるのです。期間限定の金利半額キャンペーン同様に、他のカードローンキャッシングにはないメリットとなっています。(参考:楽天銀行カードローン・ローン「ご入会に関して」

 

無利子でジャパンネット銀行「ネットキャッシング」から借金する方法

ネット銀行として楽天銀行と同様に人気のあるジャパンネット銀行には、「ネットキャッシング」という使い道自由な個人向けローンがあります。ネットキャッシングは、金利2.5%〜18.0%(年率)で最大1,000万円という高額融資も可能なサービスとなっていて、カード不要で郵送物なしという手軽さもあるキャッシング商品です。

 

ネットキャッシングにも初回の借入れから30日間の利息がゼロになる「無利息特約」が用意されています。ただし、ネットキャッシングで無利子融資を受けるためには、通常金利での利用と同じように4つの条件を満たす必要があるのです。

ジャパンネット銀行でネットキャッシングを無利息特約を利用するための条件4つ

  • お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方(借入れは73歳未満まで)
  • 安定した収入のある方(配偶者に安定収入があれば専業主婦の利用も可能)
  • ジャパンネット銀行で普通預金口座を持っている方
  • 一定の審査基準を満たし、指定保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

上記の利用条件にもあるように、ネットキャッシングはジャパンネット銀行の普通預金口座を持っていることで利用できるサービスとなっています。口座がない場合には新規口座開設が必須となり、ネットキャッシングのお金の借り方が普通預金口座への入金と預金口座の不足時に利用可能となる自動融資のみとなっていることがその大きな理由です。

 

初回の借入れのみ初回特典として他行口座への振り込みに対応してくれますが、2回目以降のキャッシングではジャパンネット銀行の普通預金口座に入金されるのが通常のお金の借り方となるのです。(参考:ジャパンネット銀行「初回借入の振り込み」

 

事前に会員ページにて設定しておくことで、普通預金口座が残高不足となっていても自動融資により口座自動振替VisaデビットATM出金が利用できます(参考:ジャパンネット銀行「残高不足サポート機能」。ただし、自動融資を利用した時点から無利息期間が適用されるため無利息特約を利用したい場合には要注意です。

 

無利子で静岡銀行カードローン「セレカ」から借金する方法

地方銀行の静岡銀行では「しずぎんインターネット支店(店番:731)」を開設しています。静岡銀行で店舗や窓口を持たないただ一つのインターネット上の支店であり、全国どこの都道府県からも申込可能、ATMの引き出し手数料0円や振込手数料がお得になるなどのメリットもあるのです。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」もしずぎんインターネット支店の商品ですが、満20歳以上70歳未満の方であれば最大500万円・金利4.0%〜14.5%(年率)と、大手銀行と同じ水準で利用できるようになっています。ただし、保証会社の保証を受けられることや学生ではないことも利用条件となるのです。

 

静岡銀行のインターネット支店に口座がない場合には、セレカの申込みと同時に口座開設の申込みをすることになります。契約が完了すれば当日中での振り込みも可能ですが、キャッシュカードが発行されるまでには1週間程度の時間が必要となるのです。

 

キャッシュカードが発行されればキャッシュカード一体型のローンカードを使って、インターネットバンキングだけでなくしずぎんATMや全国の提携金融機関ATMからも借入れや返済が可能です。特にしずぎんATMとセブン銀行ATMであれば、時間外手数料無料で利用ができます。

 

セレカには、契約日から起算して、翌月または翌々月の約定返済日(毎月10日)の前日までの期間(最大45日間)の借入利息をキャッシュバックしてもらえるサービスがあります。他の無利息サービスとは違い、一旦利息を支払った後に無利息期間分の利息が戻ってくるシステムになっているのです。

 

翌月か翌々月で契約後に初めてやってくるどちらかの返済日前日までの日数がキャッシュバックの対象となり、利息期間の翌月の約定返済日にインターネット支店普通預金口座に入金されます。

 

最大45日分の利息をキャッシュバックしてもらう方法

45日間分の利息を最大限にキャッシュバックして欲しい場合には、借入れの日にちに注意が必要となります。借入後に到来する返済期日の前日までがキャッシュバックの対象となるからです。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」では、月末の営業日よりさかのぼって5営業日以内に契約された方は、翌月10日の約定返済はありません。たとえば以下のように契約後に初めて来る返済日がいつになるのかにより、キャッシュバックされる利息の日数に違いが出ます。

セレカで最大45日分の利息がキャッシュバックされる場合とされない場合

契約日 初めての返済日 キャッシュバックの対象日数
Aさんの場合 7月27日 月末から5営業日以内のため翌々月の10日 45日間(7月27日〜9月9日)
Bさんの場合 7月26日 月末から5営業日を超えるため翌月の10日 15日間(7月26日〜8月9日)

7月27日に契約した場合には、月末までの日数が5日以内となるため、契約後に初めて到来する返済日は翌々月の10日となります。同時に7月27日〜翌々月の返済日の前日(9月9日)までの日数は45日間以内となるため、全日数がキャッシュバックの対象となるのです。

 

一方。7月26日に契約した場合には、月末の営業日からさかのぼって5日を超えるため返済日は翌月の10日となります。同時に7月26日〜翌々月の返済日の前日(9月9日)までの日数は46日間であり45日間を超えるため、キャッシュバックの対象となるのは15日間分のみとなるのです。

 

余裕があれば、契約日は月末からさかのぼって5営業日以内になるようにしたいものですね。

 

無利子で愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」から借金する方法

愛媛銀行の「ひめぎんクイックカードローン」は他の銀行カードローンとは違い、口座不要での30日間無利子融資も可能な商品となっています。通常利用の場合の利用限度額は800万円が上限ですが、30日間無利息を利用したい場合にはWeb契約が必須となり、その場合の振り込み可能額は300万円までとなるのです。

 

カードローンの契約方法には店頭や郵送も選べますが、30日間の金利を通常の4.4%〜14.6%からゼロにしたい場合には、Web契約しか選択肢がないことになります。

 

契約が完了すれば普段利用している銀行口座への即日振込みも可能ですが、カードの到着までには時間がかかる場合もあります。カードが到着すれば、セブン銀行ATMやローソンATM、イーネットATMからでも月に4回まで利用手数料無料で借入れや返済が可能です。返済日は自分の都合の良い日にちを選べるようになっているので便利ですよね。

 

無利子で東京スター銀行「スターワン住宅ローン」から借金する方法

無利子融資は、銀行カードローンや消費者金融だけのサービスであると認識している方も多いでしょう。東京スター銀行には住宅の建築・増築・購入資金を500万円〜1億円の範囲(資金の90%までの場合あり→スターワン住宅ローン「商品説明書」で借入れできる「スターワン住宅ローン」があり、預金連動型住宅ローンとして預金残高の範囲内で金利ゼロでお金を借りることも可能です。

 

銀行カードローンや消費者金融などの30日間無利息サービスとは違い、無利子融資となる期間は特に決められていません。預金残高と同額の住宅ローン残高は無期限で無利息となり、金利の計算は毎日行われるため預金残高の変動は素早く無利子融資に反映されています。

 

住宅ローンの金利は、(住宅ローン残高ー預金連動の対象となる預金の残高)×固定・変動金利のどちらか(2.4%〜3.0%東京スター銀行「ローン金利」)となる相殺計算となっています。預金連動の対象となる預金には4つの種類があり、適用には優先順位があるのです。

 

@「スターワン円普通預金」、A「スターワン積立円定期」、B「スターワン外貨普通預金」、C「外貨為替レート参照型オフセット定期預金<仕組み預金>」という順番になっていて、複数の預金がある場合に適用される順位が決まります。

 

スターワン住宅ローンから無利子で借金できる人の条件

東京スター銀行のスターワン住宅ローンでは、連動預金の残高と同額のローン残高は無利子になります。ただし、誰もがスターワン住宅ローンを利用できるという訳ではなく、以下の利用条件を満たす方に限られます。

東京スター銀行「スターワン住宅ローン」の利用条件

  • 日本国籍の方または外国籍で永住権のある方(永住権がない場合には日本語が理解できるなどの条件あり)
  • 20歳以上65歳以下で完済時の年齢が75歳以下の方
  • 正社員として1年以上、会社役員・自営業として2年以上の安定した収入があり、公的書類での証明ができる方

上記の条件を満たすことができれば、住宅ローン残高の一部、あるいは全額を無利子で借入れすることも可能ですし、1年〜35年の返済期間で元利均等月賦返済により計画的に返済していくことができるでしょう。

 

ローン残高と同額の預金残高があれば担保に入れることも可能

預金連動で適用される預金の残高は、スターワン住宅ローンの無利子融資に繋がっていますが、ローン残高と同額の預金残高がある場合に、不動産ではなく預金を住宅ローンの担保にすることも可能です。

 

預金を担保とすることで、不動産を担保に入れないため不動産の抵当権設定やその費用が不要になるというメリットがあります。一方では、担保となる預金の固定残高をローン残高以上に固定されるため、ある程度返済が進みローン残高が減って来るまで預金の引き出しが全くできないというデメリットもあるのです。

 

無利子でプロミスから借金する方法

テレビCMや広告などでも有名な大手消費者金融のプロミスには、カードローン商品として「フリーキャッシング」と女性専用カードローンの「レディースキャッシング」があります。利用限度額は最大500万円、金利は新規契約の場合で年率4.5%〜17.8%となっていて、満20歳以上69歳以下の方が融資対象となっています。

 

安定した収入があれば生活費だけでなく事業資金としても利用可能であり、正社員・自営業者・パート・アルバイト・学生・主婦の方でも申込みできます。専業主婦の場合には無収入であるため、プロミスからの借金は利用不可となります。女性であればレディースキャッシングで借金についての相談を女性オペレーターにしてみるという選択も可能です。

 

Web完結契約やカードレスでの借入れ(参考:プロミス「Web完結のご紹介」アプリローンの利用も可能なプロミスでは、以下の条件を満たすことで、初回の借入れの翌日から30日間の金利がゼロになる無利息サービスの利用も可能になっています。

プロミス30日間無利息サービスの利用条件は2つ

  • 契約の際にメールアドレスを登録
  • 契約の際に書面の受取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

プロミスで無利子融資を受けるための条件として、メールアドレスの登録とWeb明細書の利用が必須事項となっています。どちらも契約時に手続きできますので、特に面倒に感じることもないでしょう。

 

メールアドレスを登録しておけば、「ご返済日お知らせメール」の利用も可能です。会員サービスから事前に登録しておくことで、設定したタイミングにより指定のメールアドレスへ返済日を知らせてくれる便利なサービスとなっています。(参考:プロミス「ご返済日お知らせメール」

 

プロミスから無利子で即日融資を受ける方法

プロミスから無利子で即日融資を受けたいという場合もあるでしょう。審査時間が最短30分というスピードであるため、平日であればお客様サービスプラザ(店頭窓口)に来店することで10時〜18時(各窓口により異なる場合があります。)まで借入可能です。

 

振り込みの場合には9時〜14時50分までの受付けで即時振込みも可能ですが、時間外であったり土日祝日の場合には、振込だと翌営業日以降になってしまいます。

 

どうしても今日中にプロミスから利息なしで借金したいという時には、以下の方法を選択すれば、当日中の借入れも可能です。

プロミスから時間外に無利子で即日融資を受ける方法

  • 振込先の銀行は三井住友銀行あるいはジャパンネット銀行を選択する
  • 自動契約機の店舗に来店して即日カード発行をする

振り込み先の銀行が三井住友銀行やジャパンネット銀行であれば、土日祝日でも24時間振り込みの受付けをしていますし、受付完了から10秒ほどでの瞬フリも可能です。ただし、メンテナンスなどでのサービス停止時間もありますので、詳しくはプロミスHP内の「お借入方法」で確認してください。

 

振り込み以外でも、自動契約機の店舗に来店することで9時〜22時まで(一部では営業時間が異なります。)即日カード発行も可能ですので、カード発行後はATM手数料無料のプロミスや三井住友銀行のATM、提携金融機関やコンビニのATMからでも24時間即日融資が可能です。

 

無利子でアコムから借金する方法

大手消費者金融の一つであるアコムのカードローンは、最大800万円まで融資可能であり、金利は3.0%〜18.0%というサービス内容となっています。20歳以上で安定収入がある方であればアコムの利用条件を満たすことも可能です。女性の方であれば女性のオペレーターに相談ができる「働く女性のカードローン」を利用することもできます。

 

どちらのカードローンも初めての利用で35日ごとの返済方法を選択する場合には、契約日の翌日から30日間金利0円での借金も可能です。審査時間は最短30分という早さであるため、即日でアコムから無利子融資を受けることも期待できます。

 

アコムから無利息で借金するだけでなく即日融資も希望である場合には、平日であればアコムの店舗に9時30分〜18時までに来店することで即日融資可能です。自動契約機のむじんくんであれば年中無休で8時〜22時まで営業しているので、その場でアコムカードを発行することができます。アコムやコンビニのATMから24時間お金を借りることができます。

 

楽天銀行口座があれば夜でもアコムからの無利子融資が可能

アコムからの無利子融資の方法には、振り込みによるお金の借り方もあります。楽天銀行口座があれば、土日祝日であっても0時10分〜23時50分までの受付けなら最短1分で振り込みされます。

 

楽天銀行口座以外の場合だと、ゆうちょ銀行口座であれば平日の9時〜14時まで、それ以外の銀行や信用金庫の口座であれば平日9時〜14時30分までの受付けで即日振込みが可能です。曜日や時間帯を気にせずにアコムから即日で無利子融資を受けるのであれば、楽天銀行口座の保有が必須となります。

 

無利子でアイフルから借金する方法

アイフルは他の有名なキャッシングサービスが銀行グループに属しているなか、唯一単独での経営を行っている大手消費者金融です。アイフルのカードローンである「キャッシングローン」は、最高融資限度額800万円で金利3.0%〜18.0%という内容の商品となっています。

 

キャッシングローンの他にも女性専用の「SuLaLi」が用意されていて、利用限度額は最大10万円(金利:年18.0%)であることから女性が少額融資を受けたい時におすすめのカードローンとなっているんです。借り過ぎを防ぐこともできるため、安心して利用できる商品と言えるでしょう。

 

アイフルのカードローンは20歳〜69歳の方が利用対象であり、安定した収入があることも必須条件となっています。WEB完結で契約する場合には、カードレスでスマホからセブン銀行ATMでキャッシングすることも可能になります。一方、カードが必要という場合には、店舗まで来店して窓口で直接カードを受取るか、無人契約でんわBOX「てまいらず」で即日カード発行することも可能です。

 

アイフルのキャッシングローン、SuLaLiでは契約日の翌日から30日間無利息になるサービスを実施しています。無利子融資を受けるための条件は、「アイフルとはじめてご利用いただくお客様、なおかつ、無担保キャッシングローンをご利用いただくお客様」ということだけで、他には何も設定されていません。

 

お金を借りてもすぐに返せる予定がある場合にも気軽に利用できる消費者金融の一つと言えるでしょう。

 

無利子でノーローンから借金する方法

新生銀行グループに属している新生パーソナルローンのサービスである「ノーローン」は、利用限度額300万円で金利は年4.9%〜18.0%という内容のカードローンとなっています。ノーローンには「女性のためのノーローン」というカードローンもあり、どちらも新生銀行カードローン レイクのATMや提携金融機関・コンビニのATMから借入れが可能です。

 

ノーローンは20歳以上70歳以下で安定した収入のある方ならば、パート・アルバイト・主婦であっても申込みできます。ノーローンにも無利息期間が用意されていて、はじめてのキャッシングの翌日から1週間は利息ゼロで融資を受けることが可能であり、更には完済した翌月も1週間無利息でお金を借りることができるのです。

 

給料日前になるといつもお財布がピンチになるという方は、給料日前に借りて7日以内に返済すれば翌月の給料日前のピンチにも無利子融資が利用できます。何度でも無利息となるのはノーローンだけのサービスとなっているのです。

 

即日ノーローンから無利子で借金する方法

ノーローンから無利子融資を受けるだけでなく、即日借金したい場合には以下の方法がおすすめです。

ノーローンから即日融資を受ける時のおすすめ

  • 来店する場合:新生銀行カードローン レイクの自動契約機からカードを即日発行する
  • 来店しない場合:即日お振込サービスの利用

ノーローンの店舗への来店が可能な場合には、新生銀行カードローン レイクの自動契約機からカードをその場で発行することが可能です。レイクの自動契約機ならば全国どの都道府県にもあるので、お急ぎであれば店舗への来店がおすすめとなります。(参考:店舗検索・レイク自動契約機コーナーカードが発行されれば、多くのATMが利用可能になっているため、便利に借入れすることができるのです。

 

店舗に来店することが難しい場合には、即日お振込サービスを利用すれば楽天銀行口座であれば平日17時まで、それ以外の銀行口座の場合には平日12時30分までに審査に通過して契約手続きが完了した場合には当日中に振り込みしてもらえます。即日お振込みサービスの申込みは、インターネットか電話で行えますのでお好みの方法で手続きしてください。(参考:ノーローン「即日お振込サービス」

 

ノーローンの利用でポイントが貯まる!

何度でも1週間無利子での借金が可能になっているノーローンですが、利用に応じてポイントを貯めることもできるのです。ノーローン会員ページからポイントサービスの参加登録をすると、返済ごとの利息額に応じたポイント・マイルが毎月自動的に付与されます。楽天スーパーポイントネットマイルGポイントが対象となっているので、1週間の無利息期間を過ぎてしまった場合でもノーローンを利用するメリットはあると言えるでしょう。

 

無利子でレイクALSAから借金する方法

新生銀行グループのレイクALSAは最大500万円が利用限度額であり、通常のカードローンの他にも女性専用の「働く女性のカードローン」が用意されていて、どちらも国内居住で20歳〜70歳であることが利用条件となっています。

 

インターネットを利用してパソコンやスマホ・電話などで申込みして審査に通れば、振り込みや自動契約機でのカード発行により即日融資も可能です。審査結果は申し込みをした端末の画面に最短15秒で表示されるため、その後の流れがスムーズに運びます。スマホアプリを利用すれば申込みの手続きやカードレスで即日振込も可能なだけでなく、セブン銀行ATMからカードなしでキャッシングすることもできるのです。

 

レイクALSAには、はじめて利用する方を対象とした2つの無利息サービスがあります。それぞれでは金利が異なっていて、どちらの無利息期間を利用するかにより無利息期間終了後の利息に違いが出ることになります。

レイクALSAの2つの無利息サービス

  • 30日間無利息(2018年9月3日〜2018年11月30日の契約まで60日間無利息)(200万円まで):金利4.5%〜18.0%(年率)
  • 180日間無利息(5万円まで):金利12.0%〜18.0%(年率)

どちらも契約の翌日から無利息期間が始まり、借入れの翌日からではないため注意が必要です。2つの無利息期間で利用できるのはどちらか一方となるため、30日間(60日間)と180日間(5万円まで)で、どちらを利用した方がお得になるかは事前のシミュレーションやレイクへの問い合わせで確認してみてください。

 

ちなみに、5万円〜20万円の借入れで60日間無利息と180日間無利息比較する場合には、以下のようになります。

レイクALSAで5万円〜20万円借りた場合の60日間無利息と180日間無利息の比較表

返済回数 5万円借りた場合 10万円借りた場合 20万円借りた場合
1回払い 同じ 60日 60日
6回払い 180日 180日 60日
12回払い 180日 180日 60日

 

無利子でフタバから借金する方法

キャッシングフタバは、大手消費者金融とは違いCMなどでの宣伝をしていないため、それほど有名なサービスとは言えませんが、大手と同じように30日間無利息サービスを実施しています。フタバをはじめて利用する場合には10万円〜50万円の範囲で30日間利息ゼロになるのです。

 

フタバの金利は年率14.959%〜17.950%となっていて、有名なキャッシングサービスと同水準になっています。最高金利が20%となっている金融会社もあるなか、フタバは比較的低金利である上に30日間無利息サービスを実施していることから、中堅消費者金融の中では利用しやすい街金と言えるでしょう。

 

フタバから30日間利息ゼロでお金を借りられるのは、20歳以上70歳以下で安定した収入のある方です。申込方法はインターネット、ケータイ、電話という3つの方法しかなく、借入方法は振り込みのみとなっているため、銀行が休日となる土日や祝日にお金を借りることはできません。

 

口コミで評判の高い人気キャッシングサービスであれば、平日以外でも振り込みが可能であったり自動契約機で即日カード発行することも可能です。大手のサービス同様に30日間は無利子で借金することも可能ですが、サービス内容ではどうしても劣ってしまいます。

 

フタバの利用は年金受給者はOK、専業主婦はNG!

フタバでも他のキャッシングサービスと同じように安定した収入のある方は利用可能となっています。ただし、安定した収入の返済能力があれば年金受給者でも利用可能です。年金は定期的に支給されるものであるため、借金返済ための資金確保も心配なしと判断できるからでしょう。

 

専業主婦の場合には本人に安定した収入を見込めないため、利用不可となるのです。総量規制により年収の3分の1以下までしか消費者金融から借金ができなくなっているため、年収が0円であれば借入可能な金額も当然0円となります。

 

無利子でアイシーローンから借金する方法

中堅消費者金融であるアイシーローンには、18歳以上の学生(高校生・予備校生以外の首都圏在住)を対象とした学生ローンと、20歳以上の首都圏在住の安定した収入のある一般の方を対象としたフリーローンがあります。どちらも利用限度額は1万円〜50万円であり、金利は年率10%〜20%となっています。

 

学生ローン業者のほとんどは20歳以上であることを条件にしているため、未成年でも借金できるアイシーローンは、金融業者として使い勝手が良いと言えるでしょう。アイシーローンから借金するメリットは20歳未満でも利用可能なことだけでなく、30日間無利息キャンペーンが用意されていることにもあります。アイシーローンをはじめて利用する学生や社会人の方は、最初の融資から30日間は無利子でキャッシングができるのです。

 

学生さんが金欠で困ったという場合にも、アルバイトの給料日までの借金が利息なしになれば本当に助かりますよね。

 

アイシーローンの申込みに必要なもの

アイシーローンの学生ローンとフリーローンのサービス内容は基本的に同じですが、通常の金利はもちろん、無利子での借金の場合にも必要となる書類はそれぞれに異なっているのです。

アイシーローンの学生ローン、フリーローンの申込みに必要なもの

  • 学生ローン:学生証(必須)、 免許証・保険証(必須)、アルバイト明細または振込記載通帳(直近分)
  • フリーローン:社会保険証(必須)、免許証

学生ローンの場合には、学生であることを証明する書類、免許証か保険証のどちらか、アルバイトの収入を証明する書類が必要です。ただし、アルバイトをしていなくても、相談に応じてくれる他、返済に合ったプランを紹介してくれるようです。(参考:よくあるご質問「Q.学生でアルバイトはしていませんが利用できますか?」

 

フリーローンでは、社会保険証が必須となりますが、収入を証明する書類については他社借り入れとの合計額が100万円を超える場合に必要となります。

 

30日間無利息キャンペーン以外にも学生に嬉しい特典あり!

アイシーローンのキャンペーンには、30日間無利息キャンペーン以外にも学生に嬉しい特典として、友達一人紹介するごとに金利が1%づつ下がるサービスもあるのです。30日間の無利子期間が終了すると通常の金利で利息が発生することになりますが、以下の表のように友達を紹介した人数分だけお得に借金ができるようになるかも知れません。

 

一度引き下げとなった金利は卒業後も継続するため、社会人になってからもお得にお金を借りることができます。

アイシーローンの友達紹介キャンペーンによる金利引下げの例

友達紹介の人数 金利引き下げ率 引き下げ後の金利(年率)
0人 0% 20.0%
1人 −1% 19.0%
4人 −4% 16.0%
10人 −10% 10.0%
18人 −18% 2.0%

(参考:アイシーローン「キャンペーン・学生の方に大特典」

 

親や友達・友人など親しい人からの無利子融資

親や親戚・兄弟姉妹・友人・知人・会社の同僚など個人からの借金であれば、無利子になる場合も多いですよね。個人間融資の目的は金融機関のように利息による利益を得ることではなく、お金に困っている相手を手助けすることが主となるからでしょう。

 

基本的には貸金業を営む金融機関ではなく個人間のお金の貸し借りであっても利息を取って良いことになっています。法律上、個人が個人から取れる利息の上限は決まっていますが、それでも後からトラブルが発生する場合もあるようです。

 

個人からの借金で利息についてのトラブルもある反面、利息を取らないと贈与税が発生する可能性もあります。特に親であれば初めからあげる積もりでお金を貸している場合もあるでしょう。相手のことを思いやったつもりが、結果的に良くない方向に行ってしまったら意味のないことになってしまいます。

 

個人間のお金の貸し借りによるトラブルやリスクが起きないためには、借金についての知識や事前の対策も必要となるのです。

 

無利子以外の場合で金融機関と個人が設定できる金利の上限は?

金融機関から借金する場合、無利息期間が用意されていないサービスでは一定の利息が付くことになるのです。利息制限法によれば、銀行や消費者金融などが融資する場合の上限金利は以下のようになっています。

利息制限法による上限金利とは?
(利息の制限)第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

(引用:e-Gov「利息制限法・第一章 利息等の制限」

上記のように借入元金が10万円未満の場合には年率20%10万円以上100万円未満で年率18%100万円以上で年率15%が利息制限法による金利の上限となっています。利息制限法に違反しても特に罰則はありませんが、刑事罰が科せられる出資法の上限金利も同じく20%になっているんです。そのため、どんなキャッシングサービスでも20%を超える金利で融資することはありません。

 

一方、個人からの借金で無利子以外の場合には出資法が大きく関係していて、上限金利については金融機関よりも高くなっています。

新出資法による個人間融資での金利について

  • 個人が貸付けを行う場合の金利は年109.5%が上限(一日あたり0.3%)
  • 出資法の上限金利超えお金を貸した場合には、5年以下の懲役あるいは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる
(参考:e-Gov「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律・第5条」

通常では、金融機関と同じように個人間でのお金の貸し借りであっても20%が金利の上限となるようです。ただし出資法により、個人の場合には年に109.5%まで利息を取っても違法にならないことになっています。日割りに換算すると0.3%ということになるので、例えば知人から50万円借りた場合には1日に1,500円の利息を取っても良いことになるのです。

 

無利子で借金したつもりでも、貸主の主張と異なることからトラブル発生という事態になる場合もあるため、口約束だけでなく金利や返済期限などを明記した借用書を作成して両者で保管しておくことをおすすめします。

 

無利子の借金は贈与税がかかるのか

特に親子間や友人間でのお金の貸し借りでは無利子になる場合が多いようです。ただし本人達の間だけでは個人間融資であったとしても、税務署がその事実をお金の貸し借りとして見てくれるかは別の問題となります。

 

無利子でお金を借りた場合、当事者の間では「お金を貸した・借りた」という事実が残りますが、税務署側では「お金をあげた・もらった」とも見ることができるからです。お金をもらった訳でなく単に借りただけとしても、みなし贈与であると判断されて贈与税が発生する可能性もあるため注意が必要になります。(参考:税理士法人チェスター「みなし贈与財産と贈与はどう違う?みなし贈与のよくある事例をご紹介します」

 

親子間のお金の貸し借りであり金額が少額の場合には、贈与としてみなさないよう国税庁では通達しているようです。更には年間110万円までなら無利子融資であっても贈与税が発生することはありません。注意したいのは年間110万円を超えるお金の貸し借りとなります。

 

本当に親からの借金した場合であっても、みなし贈与と見られないためには次のような対策が必要となるでしょう。

みなし贈与にならないための対策は主に4つ

  • 金利の設定をする
  • 親子間の無利子融資であっても借用書や金銭消費貸借契約書を作成しておく
  • 返済可能な金額を借りる
  • 確かに返済した証拠を残しておく

 

通常より低くても良いので金利の設定をしておく

親子間だと無利子融資が通常の形と言えますが、実際に親からの借金であると税務署に認めてもらったとしても、本来支払うべきだった利息に対して贈与税が課されることになります。支払っていない利息相当額が利益であるとみなされてしまうからです。

 

市場金利より低くても金利を設定しておけば、確かに金銭の貸借があったことを認めてもらいやすくなります。借りたお金が贈与とみなされる心配も少なくなるのです。

 

親子間の無利子での借金であっても借用書などの作成がおすすめ

例え親子間で無利子でのお金の貸し借りを約束した場合であっても、それが本当に贈与でなくても金銭貸借であったことを証明する必要があります。確かにお金の貸し借りがあったことを証明するため最も確実なのが、借用書や金銭消費貸借契約書を作成しておくことです。

 

「金銭消費貸借契約」の書式テンプレートなどもネットを探せばありますので、参考にして作成してみると良いでしょう。借用書の作成をする場合には、1%程度で良いので金利の設定もしておくと良いです。

 

返済可能な金額を借りる

親子間でのお金の貸し借りであれば、「ある時払いの催促なし」という言葉もあるほど自由な返済も可能でしょう。ただし実際に返済している実績がない場合には、お金をもらったとみなされる場合もあります。基本的には返済できる範囲での金額でお金を借りることがおすすめとなるのです。

 

ただし、次の場合には贈与とみなされても贈与税が0円になる可能性があります。年間110万円を超える贈与での非課税枠以外にも贈与税を支払わなくて済む方法があるのです。

親からの借金が返済できない、またはお金を貰う場合に贈与税がかからない方法

  • 「住宅取得資金等の贈与税の非課税制度」を活用する
  • 相続時精算課税を活用する

返済不可能という高額なお金を親から借りる、または貰いたい場合には、資金の使い道が住宅の購入資金であれば住宅取得資金等の贈与税の非課税制度を活用することができます。平成33年12月31日までの期間限定となりますが、一人当たり1,200万円までの贈与が非課税となるのです。((参考:アセットキャンパス「贈与税を非課税にして住宅取得資金を贈与してもらう特例!【期間限定】」

 

60歳以上の親からお金を借りる、または貰いたい場合には、2,500万円までならば20歳以上の子どもが贈与税が非課税となる相続時精算課税の制度があります。住宅所得などでない資金をもらう場合には贈与税が発生するのが普通ですが、数年間に渡り贈与された金額が合計2,500万円までならば贈与税は0円となるのです。(一定額を超えた分には20%の贈与税が発生する)(参考:国税庁「No.4103?相続時精算課税の選択」

 

確かに返済した証拠を残しておく

親から借金したことを証明する方法として、返済の証拠を残しておくという方法もあります。お金を借りた相手が親である場合には、現金を手渡すことで返済しているケースも多いでしょう。現金の手渡しでは確かに借りたお金を返済したという証拠を残せないため、親の銀行口座に振り込みで返済することをおすすめします。

 

親が利用している銀行口座であれば、確かに返済したという証拠になるからです。

 

学生であれば無利子の奨学金からの借金も可能

大学や短大・専門学校などに進学したいけど、入学金や授業料などを支払うだけの余裕がないという場合に強い味方になってくれるのが、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度です。奨学金には返還不要の「給付型」と貸与終了後6ヶ月間の据置期間が過ぎた後に返還が必要となる「貸与型」の2種類があります。

 

国内で利用可能な貸与型の奨学金は更に3つに分かれています。

日本学生支援機構の貸与型奨学金は3種類

上記3種類の中で第一種(無利息)の奨学金を利用する場合には、償還完了まで無利子により借り入れた奨学金のみを返済していくことができます。利用対象者となるのは、国内の大学院・大学・短大・専門学校に在学する学生・生徒となるのです。

 

第一種奨学金から無利子で借金できる人の条件とは?

第一種奨学金から無利子で借金できる人の条件は以下の通りです。

1.学力基準

(1)高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上

(2)高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人

(3)家計支持者(父母等)の住民税(所得割)が非課税であり、特定の分野で優れている・学習意欲があるなどで特に優れた成績が見込める人

2.家計基準
世帯人数 所得証明書における控除前の収入金額 所得証明書における控除後の収入金額
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

奨学金から無利子で借金するためには、学力基準と家計基準(収入・所得の上限額)のどちらも満たしている必要があります。高等学校時代の成績は3.5以上であり、その数字が高いほど審査で有利になると言えます。対して、家計基準では収入の金額が低いほど利用しやすい状況になるのです。

 

平成29年から第一種奨学金は希望者全員を対象に貸与している

第一種奨学金は、平成29年から希望者全員を対象にした貸与を実施する流れとなっています。

平成29年から第一種奨学金は希望者全員が対象になっている

  • 残存適格者(貸与基準を満たすものの奨学生として採用にならなかった者)を解消する
  • 住民税非課税世帯の学生・生徒に係る成績基準を実質的に撤廃し、必要とする全ての学生・生徒への第一種奨学金の貸与を実現
  • 第一種奨学金の貸与人員を増員
(参考:日本学生支援機構についてPDF22頁「奨学金事業の充実」

無利子奨学金の貸与で最も大きく変わったのが、住民税非課税世帯の学生の成績基準を実質的に撤廃したことです。2017年から低所得世帯の学生は、希望すれば全員が無利息奨学金を利用できることになります。平成30年には対象者を約1万5千人増員して、希望を拡大しているようです。

 

更には同じく平成29年から給付型の奨学金についても、経済的に進学が厳しい人を優先に先行して実施しているようです。平成30年には対象者を拡大して本格実施しています。

 

第一種奨学金から無利子で借金できる金額は毎月どのくらい?

貸与される奨学金の金額は、それぞれの学校により異なる他、自宅通学・自宅外通学の選択によっても違ってきます。例えば大学に通う場合に、第一種奨学金を無利子で借金できる金額の月額は以下の通りです。

第一種奨学金(無利息)の貸与額(大学に通う場合の月額)

大学の種類と自宅・自宅外通学 第一種奨学金が貸与される月額
国公立・自宅通学の場合

20,000円、30,000円または45,000円

国公立・自宅外通学の場合

20,000円、30,000円、40,000円または51,000円(※自宅通学の月額も選択可能)

私立・自宅通学の場合

20,000円、30,000円、40,000円または54,000円

私立・自宅外通学の場合

20,000円、30,000円、40,000円、50,000円または64,000円(※自宅通学の月額も選択可能)

どの種別の奨学金であっても、国公立大学よりも多くの費用がかかる私立大学の方が多くのお金を借りれるようになっています。自宅通学者よりも自宅外通学者の方が、生活資金などで多くの費用を必要とするため貸与される月額も多くなっているんです。

 

ただし、自宅外通学者であっても貸与される金額を抑えたい場合には自宅通学の月額を選択することも可能になっています。

 

第一種奨学金の償還(返済)方法は2種類ある

第一種の無利子奨学金から借金する場合には、2つの方法のいずれかの返還(返済)方法を選択することができます。

第一種奨学金の返還方法は主に2種類

  • 定額返還方式:貸与総額に応じて月々の返還額が算出され、返還完了まで定額で返還する方法
  • 所得連動返還方式:前年の所得に応じてその年の毎月の返還額が決まるため、返還期間が定まらない
(参考:日本学生支援機構「返還方式」

自分の都合に合わせた返還方式を選択することができますが、所得連動返還方式を選択した方は、個人番号(マイナンバー)の提出が必須となるのです。

 

注意したいのは返還の滞納であり、いくら利息なしで返済可能となっていても滞納した場合には年5%の滞納金が課されることになるのです。

 

奨学金返還の滞納により文章と電話による督促を行っています(参考:日本学生支援機構「督促」。督促は本機構だけでなく債権回収業者からも来る可能性がありますが、法律に沿った督促を行っています。

 

返還の滞納が3ヶ月以上続くと、個人信用情報機関に事故情報として登録される場合もあり、返還完了後から5年後に登録が削除されるまでの間は、公共料金の口座引き落とし、インターネットショッピング、キャッシング、自動車ローンや住宅ローンなどが組めなくなる恐れもあるのです。返還の長期滞納には注意が必要となります。

 

返還が難しい時には減額返還や反感期限猶予なども可能

第一種奨学金を無利子で利用できた場合には、第二種奨学金を利用している人と比較して利息がない分、返還での経済的負担を軽減することができます。とは言え、就職したもののすぐに退職してしまった、会社が倒産して失業した、病気や怪我や災害が理由で働けなくなったなど、さまざまな理由で償還金の工面が難しくなることもあるでしょう。

 

奨学金の返還を長期滞納すると延滞金の加算、督促、信用情報の傷と多くのリスクが付いて回ることになります。事情があって返済金の工面が難しくなった場合には、次の4つの方法のいずれかを選択する必要があるでしょう。

奨学金の返還が難しくなった時に替わって返還する方法

  • 減額返還:一定期間、「当初割賦金を2分の1または3分の1に減額」し、減額返還適用期間に応じた分の返還期間を延長して返還する
  • 返還期限猶予:一定期間「返還を停止し先送りにする」事により、その後の返還をしやすくする返還方法
(参考:日本学生支援機構「減額返還・返還期限猶予リーフレット (PDF)」

通常の返還方法から上記の返還方法に切替えたからといって、借金の元金が減額されたり元金の返還を免除されることはありません。ただし本人が死亡・障害により返還できなくなった場合には、返還免除となります。

 

国の無利子融資や教育ローン(個人・自営業者)

無利子で借金できる先は民間の金融機関や身近な個人、学生限定の奨学金だけではありません。公的融資にも利息なしで融資してくれる制度がいくつか用意されています。個人の生活資金や教育ローンだけでなく自営業者が利用できるローンなどもあり、目的に応じた融資の活用が可能になっているんです。

 

それぞれ国の政策としての制度ではありますが、実際には地方公共団体や法人が窓口となり融資を行っています。国の融資制度を利用するには、一定の利用条件のクリアが必須であり、無利子での借金の場合には利用の対象となれる範囲がさらに狭くなっているのです。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、住んでいる地域の市区町村社会福祉協議会で受付をしている融資制度であり、厚生労働省の政策の一つです。残念ながら誰もが利用できる融資制度ではありませんが、次の利用条件を満たしている方であれば利用可能です。

生活福祉資金貸付制度の貸付対象

  • 低所得者世帯:必要な資金をどこからも借りられない住民税非課税程度の生活困難な世帯
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人のいる世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者のいる世帯

住民税が非課税となる程度の低所得者世帯、障害者手帳などの交付を受けた人のいる障害者世帯、65歳以上の高齢者のいる高齢者世帯のいずれかに当てはまる場合、生活福祉資金貸付制度を利用することが可能になります。

 

生活福祉資金貸付制度にも無利子で借金できる資金がある

生活福祉資金貸付制度の種類は大きく分けて4つあり、不動産担保型生活資金は年3%、又は長期フ゜ライムレートのいずれか低い利率となっていますが、有利子の貸付けとなっています。残る3種類の生活福祉資金となる総合支援資金、福祉資金、教育支援資金であれば保証人がいる場合には無利息(なしは年1.5%)で借金できる、あるいは保証人がいない場合も無利子になる貸付資金があるのです。

無利子で借金できる3種類の生活福祉資金

資金の種類 個別の資金 資金の概要 貸付限度額 金利
総合支援資金 生活支援費 生活再建に必要資金

単身で月15万円以内
二人以上で月20万円以内

保証人ありで無利子
保証人なしは年1.5%

住宅入居費 敷金・礼金など住宅の賃貸契約に必要な資金 40万円以内
一時生活再建費 就職や転職に必要な技能習得経費・公共料金の立て替え・債務整理経費など 60万円以内
福祉資金 福祉費 事業資金・福祉用具の購入資金・病気や怪我の療養費用・住居の増改築や移転費用・冠婚葬祭費用・生活再建に必要資金など 580万円以内

保証人ありで無利子
保証人なしは年1.5%

緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難な時の少額の費用 10万円以内 無利子
教育支援資金 教育支援費 低所得世帯の人が高等学校、大学又は高等専門学校の就学に必要な経費

<高校>月3.5万円以内
<高専>月6万円以内
<短大>月6万円以内
<大学>月6.5万円以内※1

無利子
就学支度費 低所得世帯の人が高等学校、大学又は高等専門学校の入学に必要な経費 50万円以内

※1 教育支援費の貸付限度額については、特に必要と認められた場合に通常の限度額の1.5倍まで貸付可能

 

総合支援資金には、生活再建に必要な生活支援費をはじめとして礼金や敷金など住居費用を借りれる住居入居費、就職や転職のための技術習得費用、滞納していた公共料金の立替え費用や債務整理費用などを借りれる一時生活再建費があります。いずれも保証人がいれば無利子になりますが、保証人なしの場合には年率1.5%の金利がつくことになるのです。

 

福祉資金は、多くの目的で利用することが可能になっていて、例えば事業資金や福祉用具の購入資金、病気や怪我の際の療養資金、住居の増改築や移転費用、冠婚葬祭費用など多種多様な借り方のできる福祉費がありますが、保証人ありで無利子となり保証人なしでは年率1.5%の金利がつくことになるのです(参考:厚生労働省「生活福祉資金貸付条件等一覧」。緊急で必要な資金を借りることができる緊急小口資金は、10万円が限度額の少額融資となっていますが、保証人不要であり、無利子でお金を借りることができるのです。

 

教育支援資金は、無利子の国の教育ローンとして利用できる貸付であり、低所得世帯の人が高校や大学などに進学する際に必要となる軽費を教育支援費として借りることができます。就学に必要な経費だけでなく入学に必要な経費を就学支度費として借りることもできます。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度から無利子で借金する

厚生労働省の政策として、男女共同参画社会基本法により実施されている貸付けに母子父子寡婦福祉資金貸付金制度があります。20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等に貸し付けらる制度であり、最寄の地方公共団体の福祉担当窓口で申請や問合せができます。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金からお金を借りることのできる対象者は、それぞれの貸付資金によって異なります。母子家庭の母や父子家庭の父、?母子・父子福祉団体、寡婦(参考:お役立ち情報「離婚・シングルマザー」、寡婦が扶養する子、母子家庭や父子家庭の父母が扶養する児童、父母のいない子が、場合によって対象となっているのです。

 

無利子で貸付を受けることのできる資金があれば、保証人ありで無利子となり保証人なしならば年率1.0%の金利がつくものもあります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金の種類と金利

資金の種類 内容 金利
就学支度資金 就学、修業するために必要な被服などの購入に必要な資金 無利子
修学資金 高校や大学などに就学させるための授業料、書籍代、交通費等に必要な資金
修業資金 母子家庭などの子どもが事業を開始、または就職するための技能習得費用
技能習得資金 起業や就職に必要な知識技能を習得するために必要な資金(パソコンなど)

 

保証人有:無利子
 保証人無:年1.0%

事業開始資金 事業を開始するのに必要な設備、機械などの購入資金
事業継続資金 現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料等を購入する運転資金
医療介護資金 1年以内に医療または介護を受けるために必要な資金
生活資金 知識技能を習得している間、失業中の生活を安定・継続するのに必要な生活補給資金
住宅資金 住宅を建設、購入、補修、保全、改築、または増築するのに必要な資金
転宅資金 住宅を移転するため住宅の貸借に際し必要な資金
就職支度資金 母子家庭などの子どもが就職するために必要な被服、履物、通勤用自動車等の購入費用
結婚資金 母子家庭などの20歳以上の子どもが結婚するために必要な資金

 

ふるさと融資から利息ゼロで借金する

地域総合整備財団(ふるさと財団)は地域振興などを目的とし、昭和63年12月21日に現在の総務大臣や財務大臣の許可を得て発足した財団法人です。

 

ふるさと財団が地方公共団体の依頼を受け、事業の総合的な調査・検討や貸付実行から最終償還に至るまでの事務を行っているのが、ふるさと融資であり、無利子での貸付けとなっています。ふるさと融資を行うための資金調達については地方公共団体が地方債を発行し、その利子負担分の一部(75%)も役立てられています。

 

無利子融資ではありますが、実際には民間金融機関の連帯保証が必要であり、別途保証料が発生します。(ただし地方公共団体が民間事業者に連帯保証料の補助を行う場合もあり、地方公共団体に対して補助金の75%が講じられることもある)

 

ふるさと融資の申込み方法と利用条件

申込みは事業地のある都道府県や市区町村となり、融資対象となるのは法人格を有する民間事業者となるのです。対象となる貸付けは、設備の取得費用や試験研究開発などで必要となる設備の所得費用となっています。

 

ふるさと融資の融資限度額は、都道府県、政令指定都市から融資を受ける場合には42 億円、市町村から融資を受ける場合10億5千万円となっていますが、実際には貸付対象事業費の総額から補助金を控除した額の35%が上限となっているんです。

 

ふるさと融資から無利子で借金可能となる対象事業は以下のようになっています。

ふるさと融資から無利子融資を受けられる対象事業とは?

  • 公益性、事業採算性等の観点から実施されること
  • 事業の営業開始に伴い、事業地域内において以下の新たな雇用の確保が見込まれること

    都道府県、政令指定都市から融資を受ける場合:10 人以上(再生可能エネルギー電気事業は1人)
    市町村から融資を受ける場合:1 人以上

  • 用地取得費を除いた貸付対象費用の総額が1,000 万円以上

どんな事業でもふるさと融資からお金を借りられる訳ではなく、上記の条件を満たしていることが重要となります。
ふるさと融資から借りたお金の返済は、5年以上15年以内(5年以内の据置期間を含む)が償還期限となるのです。

 

日本政策金融公庫の農業者向け貸付けから無利子融資を受ける

日本政策金融公庫は、一般の金融機関が行う金融を補完することを旨として、国の中小企業・小規模事業者政策や農林漁業政策等に基づき、法律や予算で決められた範囲で金融機能を発揮している政策金融機関です。

 

日本の中小企業・小規模事業者や農林漁業者等の資金調達という役割を担っていて、1%台〜2%台という民間の金融機関で利用する住宅ローン並みの低金利で融資を行っています。中でも農業者向けの貸付けでは無利子融資も実施しているんです。

日本政策金融公庫の農業者向け無利子融資

  • 青年等就農資金:新たに農業経営を始める青年等に対して必要な資金を長期で貸し付ける無利子融資制度
  • スーパーL資金:農業経営に必要な投資に幅広く利用可能な資金。特例の適用で無利子に
  • 農業改良資金:農業経営改善に必要な投資を行う際に利用可能な資金
(参考:日本政策金融公庫「農林水産事業(主要利率一覧表)」

スーパーL資金の無利子特例は、公益財団法人農林水産長期金融協会より、貸付実行日から5年後の応当日の前日まで利子助成を受けた場合に適用されます。

 

いずれも、市町村から青年等就農計画の認定を受けた個人・法人(認定農業者)が利用できる無利子融資制度であり、農業を営んでいる全ての人が無利子融資制度を利用できる訳ではありません。

 

無利子と無利息の意味の違いを簡単に解説

テレビCMでも有名な消費者金融の広告で良く見かける「30日間無利息サービス」という言葉。どんな意味かは読めばすぐに分かりますが、30日間は利息なしで借金できるというものですよね。同じような使い方がされている言葉に無利子というのもあります。

 

実は、無利子と無利息の違いは利用する人にとって同じ意味と言えるんです。お金を借りた場合の返済で、「利子を払わなくてOK」、「利息なし」というのは同じ意味になりますよね。ただし、厳密に言うと両者には違いがあるようです。

 

無利息と無利子の言葉の違いって、実際問題どんなことにあるのでしょうか。簡単に解説していきます。

 

無利息は金融機関、無利子は利用者目線の言葉

無利子と無利息の違いを解説するのであれば、その前に利子と利息について説明した方が分かりやすいかも知れませんね。じぶん銀行公式ページに「利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?」という記事があります。同記事で説明されている利子と利息の違いは以下のようになっています。

利子と利息の違いとは?

  • 利子:お金を借りた人が、貸した人に対して借入元本に追加して支払うお金のこと
  • 利息:お金を貸した人が借りた人に対して借入元本に追加して受け取るお金のこと

上記の考え方で言うならば、お金を借りた人が支払うのは利子であり、お金を貸した人が受取るのが利息ということになりますよね。この原理で言うならば無利息は金融機関目線であり、無利子は利用者目線の言葉ということになるのです。

 

ホームページや広告で表記されている「無利息、利息0円」というのは、「一定期間は利息を取りませんよ」という金融機関目線で使われている言葉と言えるでしょう。無利子と無利息は、その言葉を使う側により変化するだけで、実際の意味に違いはないことになるのです。

 

借金地獄にならないためには無利子でお金を借りるべき

金額の多い少ないに関わらず、借金したことで最終的に借金地獄となっていく人は少なくありません。初めはたった1万円借りただけという人でも、生活費が不足して二度目のキャッシング、それでも足りなくて三度目と何度も借入れを繰返してしまうケースも多いようです。

 

気付いた時には、限度額いっぱいまで借りていて、既に返済困難な借金地獄だったということも決して珍しくありません。借金地獄におちいる最大の原因は利息にあり、借金地獄にならないためには無利子でお金を借りるべきと言えるのです。

 

通常であれば、借入元金と利息を一緒に支払うリボ払い(参考:楽天カード「リボ払いとは」で毎月返済していくことになるため、利息が膨らみやすく借入元金よりも多くの金額を支払うことになってしまいます。

 

無利子のところでお金を借りることができれば、返済時に支払う金額は借入元金のみの分割払いとなります。利息の支払いが不要であるため、返済回数と返済総額を大幅に少なくできるのです。毎月の返済額は同じでも早く返済が完了するので経済的・精神的負担を大きく軽減できます。

 

学生であれば、無利子の奨学金が利用可能ですし、低所得者であれば国の無利子貸付である生活福祉資金貸付制度の利用も視野に入れることができます。急ぎであれば親や友人から無利子で借りることも可能でしょう。

 

借りてもすぐに返せる状況であれば、無利息期間のある大手消費者金融の利用も即日融資可能な点も含め便利です。

 

消費者金融と無利子の貸付けでは利息にどれくらいの差が出るの?

例えば、30万円を借りて毎月15,000円返済する時の返済回数と返済総額を、消費者金融から年率18.0%で借りた場合と無利子の貸付けを利用した場合とで比較してみます。

30万円を消費者金融と無利子の貸付けで借りた場合の比較表

借入先 返済回数 利息の合計額 返済総額
消費者金融(年率18.0%) 24回 59,332円 359,332円
無利子の貸付け 20回 0円 300,000円

消費者金融から18%で借りる場合と、無利子融資を活用した場合とでは、返済総額に約6万円の違いが出ます。その差は借入元金の5分の1にも相当する大きな金額となるのです。ただし無利子融資制度の利用では審査に長い期間がかかる場合が多いですし、即日融資も望めません。

 

消費者金融は審査が早く融資までのスピードも信頼できる速さとなっています。利便性を重視する場合や、計画的に利用することを前提とする場合であれば、消費者金融からの借金もおすすめできます。大手ならば無利息期間も用意されていて、初回利用ならば30日程度の利息がゼロになるのです。

 

高利子の金融会社からの借金はやめた方がいい

消費者金融には大手のサービス、中小規模のサービス、闇金の3種類が存在しています。一括りとして「街金」や「サラ金」などと呼び、どこも危険な金融業者であると思っている人もいますが、闇金以外は安心安全な借金のできるキャッシングサービスです。

 

同じ消費者金融であっても高利子の闇金だとまったく話が違ってきます。無利子サービスもあることを宣伝している会社もありますが、実際には無金利どころか反対に法外な金利を取ります。高利子なだけでなく悪質な取り立てを行う、ブラックOKで審査なしでも融資する無登録業者なのです。

 

高利子の闇金から借金した場合には、結果として利息が利息を呼ぶ借金地獄へとなっていく可能性が高いです。とにかく金欠で困っているという人であれば高利子の闇金であることを承知の上で借金してしまうこともあると思いますが、絶対にやめた方がいいですよ。

 

正規登録の金融機関ならば20%を超える金利を取ることはない

CMの広告などで誰もが知っているキャッシングサービスはもちろんですが、知名度の低いところでも口コミで評判の良い中堅消費者金融であれば、利息制限法の上限金利(最大20%)を超えることはありません。

 

20%という金利は、利息制限法だけでなく刑事罰のある出資法の上限金利でもあるため、貸金業登録をしている金融機関から高利子で借金してしまう心配はないのです。

 

無利息期間が用意されている大手のサービスであれば、2ヶ月ほどの短期間で完済できる場合なら銀行より低金利になるんです。利息は元金の残高に対して付くため、最も残高の多い返済初期が利息なしになる効果は絶大と言えるでしょう。

 

高利子の借金は絶対ダメ!払い切れない利息の例を紹介

闇金など高利子の金融業者からお金を借りた場合、返済が滞った時にはたちまち借金地獄となる可能性が高いです。闇金からお金を借りるとどうして払い切れない利息が生まれることになるのかと言えば、その理由は主に2つあります。

闇金から高利子で借りると払い切れない利息が生まれる理由は主に2つ

  • 金利が高い(トイチ、トサン、トゴなど)
  • 金利の計算方式が複利になっている

 

闇金は高い金利を取る(トイチ、トサン、トゴなど)

ドラマや映画でも人気の「闇金ウシジマくん」にも出てくる利息制限法の上限を大きく超える金利の1つが、「トイチ」です。トイチとは、10日で1割の利息を意味しています。法定利息を守っている場合には最大でも20%を超えることはありませんが、闇金のように10日に1割の利息が付く場合には1日に1%の金利となるため年365%(単利)となるのです。

 

例えば10万円を借りる場合に適用される金利は、利息制限法により18%となっています。1年間に一度も返済しない場合には年18,000円の利息が付くことになるのです。一年後の返済金額は元金と合わせて118,000円となります。

 

一方、トイチの場合には単利でも年365,000円の利息が付くため、一年後に返済する金額は借入元金と合わせて465,000円という高額になってしまいます。10万円不足して借金した人が1年後に465,000円も返済するのは簡単なことではないはずです。

 

闇金の金利にはトイチの他にも「闇金ウシジマくん」で主に使っているトゴ(10日で5割)やヒサン(1日に3割)もあります。他にもトニ(10日で2割)、トヨン(10日で4割)なども存在しているようです。

 

闇金の金利の計算方式は複利になっている

銀行や正規登録の消費者金融などでは利息の計算を単利で行っています。一方、闇金の金利は複利で計算されていて、利息がどんどんと膨れ上がる直接の原因がこの複利計算にあるのです。単利と複利でそれぞれの計算式は以下のようになります。

単利と複利の利息計算式

  • 単利による利息計算式:借入元金×金利÷365日×借りている日数
  • 複利による利息計算式:(借入元金+利息)×金利÷365日×借りている日数
(参考:借入のすべて「借入金利息の複利と単利の違い、知ってますか?」

単利の場合には元金に対してだけ金利が付くのですが、複利では、まだ支払っていない利息に対しても利息が付く仕組みになっています。闇金から高利でお金を借りたものの、あまりの高額な利息であるために返済ができないままでいると、利息がどんどんと雪だるま式に大きくなってしまうのです。

 

例えば、10万円をトイチ(10日で1割)で借りて一度も返済ができなかった場合の一年後の利息(複利)は、以下のように増えることになります。

闇金で10万円をトイチ(複利)で借りた場合の一年間の利息

借入後の経過日数 借入元金 利息 返済金額
10日後 10万円 1万円 11万円
30日後 12.10万円 1.21万円 13.31万円
50日後 14.64万円 1.46万円 16.10万円
60日後 16.10万円 1.61万円 17.71万円
90日後 21.43万円 2.14万円 23.57万円
120日後 28.53万円 2.85万円 31.38万円
180日後 50.54万円 5.05万円 55.59万円
270日後 119.18万円 11.91万円 131.09万円
330日後 211.10万円 21.10万円 232.20万円
360日後(約1年) 280.96万円 28.09万円 309.06万円

トイチ(10日で1割)の場合には、10万円借りて1年間が過ぎる頃には約30倍の返済額に膨れ上がることになるのです。複利の金利に直すと3142%にもなると言われています。(参考:闇金リスト「闇金でよく使われる言葉」

 

通常では払い切れない利息ですが、それでも闇金は時間を問わず家に押しかけてきたり、勤務先へ取立ての電話をかけてきます。闇金の取立てから解放されるためには、債務整理を考える必要も出て来るでしょう。弁護士に依頼をすれば、その後は取り立てや督促は止まります。

 

ただし、自己破産などの債務整理をした場合には、最低でも5年間はローンを組めなくなる可能性があります(参考:CIC「CICが保有する信用情報」払い切れない利息にまで膨れ上がるような高利子のところで借金するのは絶対にダメですよ。

 

女性は借金地獄になりやすい

近年、女性の自己破産者が増えていると言われています。自己破産に踏み出す理由は、ほとんどが借金地獄からの脱出であると言えるでしょう。日本貸金業協会が公表している「貸金業者の経営実態等に関する調査結果報告34頁(平成30年3月30日)」にある「<図 16: 消費者向貸付における属性別貸付件数構成比B>」では、貸付先の男女の割合については、男性が68.2%であり女性は31.8%であったと記しています。

 

日本弁護士連合会が2014年に発表した「2 0 1 4 年破産事件及び個人再生事件記録調査(5頁)」によると、破産債務者の男女の割合は、男性が57.74%であり女性は42.26%であったようです。消費者金融からの借金では女性は男性利用者の5割ほどの借入れとなっていますが、自己破産についての統計では、女性の破産者は男性の7割に相当する数となっています。

 

調査年度の違いや破産者には銀行利用者も含まれているということで、ある程度の誤差はあると思いますが、女性は男性よりも自己破産しやすいと言うことができるでしょう。つまり、女性は借金地獄になりやすいということになります。

 

女性が借金地獄になりやすい原因や理由は何?

統計では女性が借金地獄になりやすいということを指し示しています。インターネットの口コミでも女性が借金地獄になりやすいことや、その理由について多くの記事が存在しています。女性が借金地獄になる原因理由はどんなことにあるのか検証してみます。

女性が借金地獄になる原因や理由とは

  • 低収入で常にお金が足りない
  • 生活費の不足
  • 教育費
  • 美容代
  • 交際費
  • 買い物代金の捻出
  • ギャンブル

女性はどうしても男性よりも賃金が低くなる傾向にあります。低収入であるため、常にお金が足りないということもあるでしょう。

 

結婚や出産のため、今まで勤めていた安定収入の仕事を辞めざるを得ない場合もありますよね。結婚や出産後に再就職するのは難しく、パートやアルバイトでお金を稼ぐしかない状況になる場合も多いでしょう。生活費や教育費の不足は旦那さんに言い出し難いことも多く、内緒でキャッシングする場合も多いようです。

 

離婚して母子家庭になった場合には、引越しや子どもとの生活費により資金が不足することもありますよね。子どもが小さいと思うように働けないため収入が少ない状況になり、カードローンなどのキャッシングに頼りたくなることもあるでしょう。

 

エステや美容院代、ジム通いや整形手術など、女性特有の出費にまとまったお金の捻出で借金する女性も多いです。友達との付き合いでつい見栄を張ってしまうのも女性の特徴と言われているため、予算オーバーの交際費を調達するために借金する場合もあると思います。

 

ストレスから買い物依存症になってしまう女性も多く、クレジットカードでのショッピングやカードローンからのキャッシングにより、欲しい物を買い漁る人もいます。ギャンブルに依存してしまう女性も少なくないようで、パチンコや競馬、投資などの資金に多くのお金が必要になったり、使い込んでしまった生活費の補てんなどで借金することもあるのでしょう。

 注意!こんな人は借金地獄になりやすい

借金地獄になりやすい人には一定の共通点があると言われています。以下の内、1つでも当てはまるところがあれば要注意です。
  • 収入が少ない
  • 今までに借金の返済に遅れたことが何度もある
  • 他社借り入れが多い
  • クレジットカードで買い物をするのが好き、利用枠を使い切っている
  • 借金することに抵抗がない
  • ギャンブルが趣味
  • 既にローンのリボ払いを利用している

 

トップへ戻る